2011年9月3日土曜日

イペー・Xのその後

 ブラジルの和田さんから、イペー・Xの親木が開花したとの報告がありました。
先日、この木の日本の子供たちの様子をこのブログにアップしましたが、再度、今日の状態をアップします。台風12号が高知県に上陸し、かなりの被害が出たようです。

              ポルトアレグレの公園の親木の開花状況です。土が合わ
            ないのか肥料不足か、調子が悪いように見受けます。ひと房
            の花の数も少ない(樹種の特性の可能性もある)。: 和田情
            報の詳細は下記URL.
                            http://blogs.yahoo.co.jp/yoshijiwada2/27175272.html
  

            8月10日に播種トレーからここに移植、約70本。快調。
            

            昨年12月にここに直播きしたもの。畝の南側の一列だけが
          生き残った。冬はビニールトンネルで保温したがこの一列以外
          は寒さで全滅した。奥の大きな1本は、5月4日に播種したジャカ
          ランダ・ブラジリアーナ(約50粒播種し、奇跡的に1本発芽)。

           
           播種トレーその2で、移植しなかったもの。肥料不足で小さい。

0 件のコメント: