2011年11月12日土曜日

ネパールやチベットなどから来たシャクナゲ達

   温暖な鹿児島で、高山植物を育てることは容易ではありません。南国ブラジルの植物と同様に限界に挑戦しています。

  2008年3月にネパールから種子を持ち帰ったアルボレウム。この秋に鉢からここに移植しました。約1万本発芽した中から生き残り、選抜したものです。

   上の二本と同期のアルボレウム。


      チベットや雲南省のミニシャクナゲです。大半は今年苗を購入したものです。チベットから種子を持ち帰った実生が二鉢あります。


    赤星。

   屋久島シャクナゲ。白。

2011年11月3日木曜日

ブラジルから来た植物達の近況

   しばらく、サボッテいた園芸関係の記録です(ブラジル特集)。
   

   トレーの最手前の列の右3本はオーゴチョウ。その左の4本はパタデバカ(左端1本がピンクであとは白)。
    その奥の1列は、ジャカランダ10本(親木はhttp://blogs.yahoo.co.jp/yoshijiwada2/28179687.html。残りの2列はシューバデオウロ。以上和田種子。最奥列の左端1本はエスポンジニア(Calliandra brevipes)(池田種子)
 すべて、冬越しのため畑から数日前トレーに移植。針金は愛猫「クロ」よけ。



      池田イペー。右端の4本がロッショで他はアマレーロ。数日前、畑からトレーに移植。左下は愛猫「クロ」の水。撮影のため、金網撤去。(他に畑の長さ7mほどの畝に池田ロッショ(第2陣)を数十本と、ピンゴデオウロを数十本越冬させます)

       畝の右端の1列が和田イペー「風車小屋ロッショ」、その左の2列は「ウンベラータ」。昨年冬同時にトレーに播種し、ここに移植したが、かなり大きさが違う。ウンベラータ頑張れ!


   池田ジャカランダ(数十本生育中)


         J.ブラジリアーナ(松村種子・1本のみ発芽)



   和田イペーX。公園の小さな親木の種子を昨年12月、トレーに播種し、ここに移植。数十本生育中。極めて快調。    

   なんと、その中の数本が花芽をつけています。来春、播種1年半で開花しそうです。


    薗田パウブラジル、快調。この秋に一気に30cm近く伸びそう。昨年10月10日、ここに播種。


   和田パタデバカ(バカの大足:前田命名) 冬はどうなるのでしょうか。


   和田パラナ松。快調。


    堂々の和田イペー。手前がアマレーロ、奥の小さいのがロッショ。一昨年12月14日にトレーに播種し、ここに移植。