2013年3月12日火曜日

刈干切唄

  天孫降臨の地、霧島山系の麓に古くから伝わる「刈干切唄」を唄いました。動画(写真)は、インターネットで公開されている数千枚の刈干切唄関連の写真から、20枚を選択させて頂きました。写真がきれいです。できれば、画面右下のマークをクリックして全画面拡大でご覧ください。伴奏は原曲に音程調整など複雑な加工修正を施しています。例えば、原曲は1番に比べて2番が約4秒短かったので全く同じ長さに修正しました。単純に2番の伴奏を引伸ばすと、音程の低下や音質の劣化を招くため、1番の伴奏をそのまま2番にコピーするという荒業を使いました。 この尺八演奏は伴奏用ではなく、独奏ですのでカラオケを乗せるには無理があります。楽譜に忠実に唄い、尺八といかに「折り合い」をつけるかが大変でした。かなりの難曲で、吹込み前に200回以上練習してもこの程度と思い知りました。
    以前唄った「また逢う日まで」と「栄冠は君に輝く」の2曲は、準備に6ヶ月と3ヶ月かかりましたが、慣れてきて今回は1ヶ月チョットでした。家内は、首を絞められた鶏の声だと酷評しています。私は家内の耳もおかしくなったように思っています。老人性難聴の始まった私は、音程をつかむのに苦労します。耳からの音は言うに及ばず、自分の声も半音前後狂って聞こえることがあります。
  近所に住む親族には多大な迷惑をかけています。

   



     ご自分で歌ってみたい方は、下記に伴奏をご用意致しましたので、どうぞ!
    
             http://youtu.be/OlXIqEx0YAU

歌手の中平マリコさんからコメントを頂きました:
前田さん
     マリコです。
本日、やっとゆっくりPCの前に座る時間が出来、「私たち40年!!」を楽しんでいます。
前田さんの刈干切唄の書き込みに出会いました。
一言で…素晴らしいに尽きています。
心温まる優しい映像がオーバーラップしてゆくゆったり感と、前田さんの伸びやかに歌っておられる歌がとてもよくマッチし、何かホッとする不思議な空間を漂って幸せ気分一杯になっています。
喧騒な世の中からはなれた静かな気持ちになりました。
本当にありがとうございます。
また、何か次の曲にチャレンジしてお聞かせ下さいね。


埼玉県に住む甥からメールがありました:
隆博です。
案内ありがとうございました。
歌が下手なのは前田家一家共通と再確認させていただきました。我が家は涼が唯一歌が歌えるぐらいです。
史跡とか映像に入れてあって、おじさんの凝り性な所は見習わないとなぁと思いました。
これからもチャレンジ楽しみにしています。

0 件のコメント: