2015年1月28日水曜日

パウ・ブラジル(Caesalpinia echinata)の種子到着と播種

 
 2015年1月28日、サンパウロから待望のパウブラジルの種子が到着しました。発送から40日かかりました。大浦農場の貴重な種子をサンパウロの友人を通じて譲って頂きました。ブラジル国内でも絶滅危惧種に指定されており、大変な貴重品です。八方手を尽くし、ここに辿りつくまで、いろいろな試行錯誤があり、約5年かかりました。昨年も当農場の種子を5粒播種しましたが、発芽に失敗しています。今年は45粒を播種しました。
 
 
2011年:大浦農場のパウブラジルの鑑定書


 
2014年12月:大浦農場の種子の採集状況・一粒を大事にする。
 
2014年12月:採集した種子(送付前)


種子到着の様子(1月28日)


播種の様子(1月28日10時)
 
 
保温状況・20~30℃で管理
 
 
播種30時間後(1月29日16時)
種子が膨れてきた



 
畑のビニールハウス内にも、二粒づつ2ヶ所に播種・これで合計45粒
寒い夜は桐灰カイロで保温する。最近のカイロは振らなくても発熱する。


 
パウブラジルを播種した日に、盆栽の梅が開花



2月9日(播種後12日め)写真撮影追加
播種した種子が腐敗して下の写真の分が全てになった。      
①と②:大小の差があるが、生育中。
③:双葉の一枚と生長点を虫に食われてダメ(①と②と同時に発芽成長)。
④と⑤、⑥:播種後8日で発芽しないので、腐敗しなかった約10個を               掘り出して水洗、皮を剥いで植え直したら発芽した。
⑦双葉の付け根まで根が腐敗した。双葉が見えるので根を洗い去って埋        めた。                                       

 
 
2月13日(播種後16日め)写真撮影追加
上記⑦の双葉の一枚がはずれて、双葉の片側に新芽がくっついていたので、
そのまま挿し芽した。芽が伸び始めたので根が出たのかもしれない。
 
2月16日(播種後19日目)写真追加(以下3枚)
 
上記③が新芽を出した。虫に食われて諦めていたが、
かじられた幹の頂点から新芽が出てきた。黒い部分がかじられた跡
 
 パウブラジルの周囲にある苗はカンポス ド ジョルドンのイペー
 
 
2014年12月:大浦農場での播種の様子・大浦文雄さん(90歳)
採種した種子は全て大事に育てる。2,000粒播種して1,500粒が発芽したとのこと。
 
 
 
2014年12月
 
 
 2011年:開花の様子。毎年開花結実するわけではない。


2011年

大浦農場はスザノ市(標高810m)にある


 ジアデマ市の友人からも種子を10粒送付して頂きましたが、発芽に失敗しました。失敗の原因は不明です。
 



パウブラジルに関連した記録:是非お立ち寄りください
http://kirishiman.blogspot.jp/2013/09/caesalpinia-echinata.html


  パウブラジルの挿し木に関する文献:
  サンパウロの松村滋樹さんから紹介して頂きました。
  
 播種(種子)での増殖が難しいブラジルボクを挿し木で増やす北東伯のアラゴアス連邦大学の論文を探しました。
原文を添付しますが要約すると:
1葉か2葉残した12センチの挿し穂根元に3-インド-ル酪酸(IBA) 或いは 1-ナフタレン酢酸(NAA)の粉末2500mgを1リットルの水に溶かした液を散布する。
砂床に挿し、噴霧しながら90-95%の湿度に保つ。120日経過しても70%の挿し穂は枯れず、16%で発根が見られた。
ブラジルでは一般にはIBAは購入出来ませんが、種屋さんなどでEnraizador(発根剤)が数種類市販されています。

Rooting cuttings of Pau-Brasil (Caesalpinia echinata Lam.) treated with indole butyric acid and naphthalene acetic acid

  • Autor(es):

    Endres, Laurício (Universidade Federal de Alagoas. Instituto de Ciências Biológicas e da Saúde. Centro de Ciências Agrárias);

    Marroquim, Paula Maria Guimarães (Universidade Federal de Alagoas. Instituto de Ciências Biológicas e da Saúde);

    Santos, Claudiana Moura dos (Universidade Federal de Alagoas. Instituto de Ciências Biológicas e da Saúde);

    Souza, Neirevane Nunes Ferreira de (Universidade Federal de Alagoas. Instituto de Ciências Biológicas e da Saúde).

  • Fonte:

    Ciência Rural; volume 37, número 3, páginas 886-889. Junho 2007.

  • Assuntos:

    vegetative propagation;

    auxin;

    Caesalpiniaceae.

  • Resumo:The 'pau-brasil' tree (Caesalpinia echinata Lam.) have a high cultural value in Brazil and its seed propagation is very difficult because of its rapid losses of germination potential. Cuttings propagation has been considered as alternative method to propagate forest species that seed propagation is poor. The objectives of this study were to determine the effects of indole-3-butyric acid (IBA) and naphthalene acetic (NAA) acid on the adventitious root formation on stem cuttings of "pau-brasil". Cuttings with around 12cm length, with two pars of leaves, received a basal treatment of 0; 6,25; 12,50; 25 and 50mM IBA and NAA as solution form or 0, 1,250, 2,500, 5,000, 10,000mg Kg-1 as powder form. All cuttings were planted in cell trays containing sand and placed under greenhouse mist (90-95% relative humidity). After 120 days, cuttings were assessed for survival, foliar retention, callus formation and roots formation. There were high survival rate (up to 70%) of the cuttings. Callus formation was not correlated to auxin concentration. The utilization of liquid 25mM of IBA and NAA promoted the highest percentage of root formation, around 16%. The high survival rate associate with low percentage of root formation suggests that the cuttings may need longer time in greenhouse in order to stimulate root formation.
  • Acesse o texto completo (Português)

-

2015年1月18日日曜日

今冬の最低気温

 拙宅の庭の1月18日朝の様子です。2時30分と7時30分に零下3.5℃を確認した。最低気温は4時頃、零下4℃程度と推測される。測定した氷の厚さは2時30分に1mm、7時30分に3.5mm、溶ける前は4㎜程度と推測される。今冬の最低気温です。
 
 上の写真の氷は右下の手水鉢のもの

2015年1月9日金曜日

新年おめでとうございます

 


   2015年1月7日の霧島神宮です。初詣をしました。