2016年10月31日月曜日

常総市に前田宅のイペーの子孫を植えた場合の開花予測

 常総市でイペーの花を咲かせるプロジェクトを推進中である。
 常総市の気象観測所のデータが無いので、緯度がほぼ同じつくば市の最低気温の実績から、常総市に前田宅の庭のイペー(2000年に木市で苗を購入、多分Chrysotricha)の子孫を植えた場合の開花の可能性について考察した。
 下の表はつくば市の10年間の最低気温の記録である。前田宅の庭のイペーは2014年の零下5.3℃では蕾が健全で開花したが、2012年の零下7℃では全く開花しなかった(勿論当地域の他のイペー全部も開花せず)。昨冬の零下9.1℃では枝が50cm前後枯れ下がった。
 これらの実績をもとに、仮につくば市にその子孫を植えたと仮定した場合の開花の可能性について推測し、常総市でも同じだろうと考えた
 つくば市の最低気温の実績と前田宅の庭のイペーの耐寒性の観察結果から推測すると、つくば市や常総市では、前田宅の庭のイペーの系統はほとんど開花しないと思われる。
  常総市より少し北に位置する下妻市(しもつまし)のデータも詳細に調べたが、つくば市とほぼ同じだったので、緯度がほぼ同じつくば市のデータを採用した。
 イペーが日本で育ち、慣れによって耐寒性が向上することはあまり期待できない。耐寒性は樹液の成分でほぼ決定づけられる(勿論、微視的には樹体の大きさなども影響する)が、この成分は短期間に外的な条件で変化しないと考える。
   現在までに57種類のイペーを試験栽培して、タベブイア・アルバの「JS121117」のみが零下9.1℃を経験しても蕾まで健全であることを確認している。サンジョアキン市でもタベブイア・アルバが零下9℃に耐えて翌春満開であったという情報がある。この樹種であれば、最低気温が零下9℃を下回らないつくば市や常総市で毎年開花する可能性があると考える。この樹種を確認できていなければ、常総市でのイペープロジェクトにご協力ができなかっただろう。



















差出人: 前田 久紀
送信時: 2016年11月3日 20:08
宛先: watasitatino50nen@freeml.com
件名: RE: [watasitatino50nen:22712] Re: 前田宅イペーの耐寒性

 
北島さん
     前田です
有隅先生のコメントに矢継ぎ早ですみません。
北島さんが充分理解力のある方だと判りましたので、がっちりお話し致します。
先生と私は全く同じことを申し上げていますが具体的進め方のご提案です。
オペレーションその1:
「JS121117」の3.5mものや1mもの、数十センチものなど
数十本を来春提供させて頂く約束を致しております。
これらは、ブラジルから種子が送られたF1です。
先日のメールでお願い致しましたが、試験栽培として位置付けて
頂き、最優秀の木を選抜して頂きたいのです。
開花するようになったら、関係者の皆様に判りやすいように
「美人コンテスト」ならぬ「最優秀イペーコンテスト」をやって、
1種類を選抜して頂きたいのです。
オペレーションその2:
近日中に池田さんから再度「JS121117」の親木から採種された種子が
届きます。これを即刻お届け致しますので、関係者に配布して
開花させて、オペレーションその1と同じコンテストをやる。
オペレーションその3:
柳井市に「JS121117」の苗を48本提供し、前田農園の同級生に先行して
開花しています。来年開花した中から最優秀品の種子を確保して頂くように
依頼します。これはF2になり、上記の物より更に優良品である可能性があります。

常総市や日本に広めるイペーはこれらの中の最優秀品であるべきです。
常総市の関係者の皆様には、北島さんが上記のことを咀嚼されたうえで
平易にお伝え頂き、実行して頂ければ有難いです。





-

0 件のコメント: