2016年10月6日木曜日

「タベブイア・アルバ:池田邸前」の日本での生育の様子

 昨冬、イペーで唯一零下9.1℃を無傷で乗りきった標記樹種で、ロットNo.「JS121117」の生育状況を記録しました。写真は全て10月6日の撮影です。
 明日から明後日にかけて、南房総で約20名が参加して開催される
「日伯イペーサミット」(自称)に持参するために撮影したものです。茨城県常総市の「イペープロジェクト」や群馬県大泉町にご提供するイペーを選定するための資料になればと考えています。


6月に根廻しをした3.5~4mもの、約10本(支柱があるもの)。
全部で約20本根廻しをしたが、時期が遅すぎて活着が悪く、
8本を根元で切断して再生中。
 
4月に神代植物公園殿に苗を送った際に採取した不要根を
挿し根したもの。1m近く伸びている。約10本。

5月から6月にかけて挿し根したもの。樹高10~30cm、約40本。
 
第3圃場全景:
左端の畝が4月に挿し根した約10本
 
右の畝はサンジョアキンからのタベブイア・アルバ7種類。
今年2月2日に播種して5月7日に苗床から移植した。
最大1.7mまで伸びた。

クリチーバの池田邸前の親木:樹齢27~30年。





0 件のコメント: