2017年4月24日月曜日

常総市でイペー30本を植樹

  北関東でイペーの植栽試験が始まりました。常総市の神達岳志市長のご発想です。
 この「イペープロジェクト」には、2015年の鬼怒川決壊の災害復旧に立ち向かう市民のシンボルとして「幸福の黄色いハンカチ」ならぬ「幸福の黄色い花」として、又、市内に在住の多数のブラジル人の皆様の望郷の縁(よすが)になればとの願いが込められています。

  2017年4月21日付 日本農業新聞 




「池前アルバ」の初開花

  「池前アルバ」が開花し始めました。一房で160輪以上あります。          
  2017年4月24日撮影












2017年4月20日木曜日

「池前アルバ」の蕾

 今日、雨の中で撮影した「池前アルバ」の蕾です。今までに写真でも見たことがないくらい多くの蕾をつけています。下の2枚の写真から読み取ったのですが、ひと房で160個以上はあります。
 今年は異常気象でイペーの開花が2週間以上遅いです。「池前アルバ」の蕾も膨らむ速度が大変遅く、開花迄あと5日以上はかかりそうです。
4月20日撮影



上と同じ蕾・3月25日撮影

同じ木の別な枝の蕾・4月20日撮影










2017年4月19日水曜日

16,150円のミヤマキリシマ

 昨日、ヤフオクで競り落としました。送料込みで16,150円です。どうしても欲しかった「由布錦」です。樹高は10cmです。



2017年4月16日日曜日

常総市向けイペーの出荷準備完了

 約1年前に企画がスタートし、詳細打ち合わせのうえ進めてきた作戦が実行段階に入りました。明日の出荷に合わせて今日の午後、30本の掘りあげと荷造りを完了しました。樹種は全て「池前アルバ」です。
 3mもの10本は、1年弱前の根廻しが成功して細根が多数出ており、完璧な状態で移植可能です。1mものと30cmもの各10本は挿し根で、これらも無難に活着すると思います。
梱包の方法(3mもの):
 稲藁を30束3日間水に浸ける。これを5本一束にしたイペーの根に麻布で巻き付ける。その上から麻ロープでぐルグル巻きにして締め上げる。これをさらにビニールシートでグルグル巻きにする。



 

  



単位℃
常  総  市 霧島市牧の原
4月最高最低最高最低
620.69.616.713
721.914.417.715.7
815.612.318.615
915.27.917.114.6
10164.515.811.8
1111.73.216.510
1220.46.618.78.9
1317.85.620.18
14224.219.86.1
1523.96.923.310.2
1626.8719.615.8



2017年4月9日日曜日

第3圃場のイペーの植え替え

 昨日は雨、明日も雨の予報で第3圃場の植え替えを猛烈な速度でやりました。昨年4月に育苗トレーから移植したもので、最低気温零下5.4℃に耐えられず、根元まで枯れ下がったイペーとジャカランダ14種類、合計196本を引き抜き、期待できる樹種に植え替えます。1年で樹高が1~2mに伸びますので、枯れ木とはいえ根が頑丈で引き抜きに大変な苦労をします。今やらないとひこばえでダメ木が復活して植え替えが出来なくなります。
   松村さんの記念写真が枯れ木の最後の風景になりました。
 

   
   右側の畝に「池前アルバ」を150本、左側の畝にイタイオポリス50本を植えた。








松村さんご来宅

 4月5日、サンパウロ在住の松村さん(前ブラジル鹿児島県人会会長、植物の専門家)がお忙しい時間を割いて来宅されました。前田農園の視察が目的です。

2017年4月5日水曜日

カンボジアのシムリアップ遺跡群訪問の旅

 2017年3月30日から4月3日迄5日間をかけて標記の旅をしました。3日間をフルに使って遺跡群を訪問しましたが、充分過ぎました。観光としては2日間で充分と思います。