資格・特技

造園施工管理技士、土木施工管理技士
公害防止管理者:大気1種、水質1種、騒音、振動
日本ツツジ・シャクナゲ協会会員
日本火山学会会員、日本品質管理学会元会員
和漢医薬学会元会員
ボイラー技士、高圧ガス乙種機械、危険物乙四類
調理師免許
カラオケもやっています: https://youtu.be/aThLG8BtgWc


アクセス:Since Jul/09

累計 今日 昨日 カウンター

山岳関連のホームページも是非ご訪問ください!(下記をクリック)

2017年9月24日日曜日

ミヤマキリシマ「霧島桜」と「由布錦」の挿し木

 さいたま市の弟が挿していた霧島桜をもらって帰りました。活着率は100%で、15本あります。チチブベニドウダンが1本同居しています。これは活着率が極めて悪く、30本くらい挿した中で、1本だけ活着しています。
   霧島桜に関して公開したくない事件がありました。自分で管理していた霧島桜を全滅させてしまったのです。海外登山に出掛けていた2006年7月の約10日間で畑の霧島桜数十本の大半を枯らし(寒冷紗で日陰を作ったのが密封状態になり過熱)、数本生き残ったのですが、これも畑での管理不足(雑草に負けるという不注意)で2年前に枯らして全滅しました。鉢植えは不安定で(管理が大変)、畑のほうが安全だという認識でした。管理が悪ければどちらもダメです。
 北海道の友人が1本、さいたま市の弟が1本守っていてくれました。霧島桜は私が実生から選抜した極めて珍しい樹種で、霧島市発足を記念して命名したものです。今回弟のおかげで15本が戻りましたので、大事にします。美人薄命で、樹勢がやや弱いようです。
  霧島桜については下記参照:
    http://kirishiman.blogspot.jp/search?q=%E9%9C%A7%E5%B3%B6%E6%A1%9C

 挿し木の方法ですが、葉をなるべく全部(頂端だけは残す、葉の半分だけもあり)カットしたほうが、活着率は高まります。霧島桜を挿した弟は時期もよかったので、自信があったのか葉をカットしていません。この場合、活着しても新葉の展開が遅いです。
 1枚下の写真は1本1万6千円で買った由布錦を私が挿したものです。6月で時期的にやや遅く、又、挿し木に対してどの程度強いのか判らないので、やや大きめにカットしました。結果的に挿し木には結構強くて、巨大な1本を除いて全て活着しました。最小は1cmです。枝分かれしているものは、来春カットして全て挿し木にします。1万6千円×2本分を少しでも回収します。
   用土は弟のものが正式です。硬質細粒鹿沼を2mmの網で篩ってミジン抜きをしています。

 ついでに最近行なった「由布錦」の挿し木の様子も記録します。
  
写真はクリックで拡大してクリアーになります(9月24日撮影)
 
10月6日充分に発根したので同じトレー内に植え替え(10月7日撮影)
 

6月に挿した由布錦:葉をすべてカットして挿した、20本。
 
    9月27日、由布錦の挿し木を更に16本行いました。挿し穂の最小は1cmです。
 
9月29日に4本追加⑰、⑱、⑲、⑳

10月2日に更に4本追加(㉑、㉒、㉓、㉔は5mm、写真で確認できない。

 
 
 
 




0 件のコメント: