資格・特技

造園施工管理技士、土木施工管理技士
公害防止管理者:大気1種、水質1種、騒音、振動
日本ツツジ・シャクナゲ協会会員
日本火山学会会員、日本品質管理学会元会員
和漢医薬学会元会員
ボイラー技士、高圧ガス乙種機械、危険物乙四類
調理師免許
カラオケもやっています: https://youtu.be/aThLG8BtgWc


アクセス:Since Jul/09

累計 今日 昨日 カウンター

山岳関連のホームページも是非ご訪問ください!(下記をクリック)

2018年3月29日木曜日

イペー カサドールに着蕾:Ipe de Município de Caçador no Japão

 カサドール市産のタベブイアアルバに着蕾していることを今日確認しました。2016年1月11日の播種で、親木は樹齢50年で樹高6mの小型の部類とのことです。2016年1月25日の零下9.1℃を経験していませんが、この低温に無傷で耐えた「池前アルバ」を凌ぐ耐寒性を期待しています。樹高2.5mと85cmの2本が成長していますが、樹高2.5mに着蕾しました。播種からわずか2年3ヶ月で開花しそうで、着蕾が「池前アルバ」より1年早いです。樹高85㎝も樹形が小型なので注目しています。
 カサドール市のイペーは、私のライフワークになったイペーの日本全国展開の可能性を示唆してくれた樹種です。最下部にサンタカタリーナ州の主要都市の最低気温の記録を示します。今回着蕾したカサドール産のイペーの親木は零下14℃に耐えたものかもわかりません
   イペーは学術的に整理されているだけでも約100種類あり、自然交配種などを含めると数えきれないほどあるでしょう。これらの中でまずは耐寒性が最強の種類を確認すべく、現在までに80種類を播種して畑で試験栽培をしました。幸いにも2016年1月25日に零下9.1℃に遭遇して「池前アルバ」を確認しましたが、これ以上の樹種を探求しています。最終的には選抜した優良樹種の交配で、日本全国に展開できる樹種を作出するつもりです。






追記: 4月21日の開花の様子を追記します。

0 件のコメント: