2016年11月10日木曜日

イペー Nossa Senhora da Luzに着蕾

 クリチーバの Nossa Senhora da Luz 産のイペーアマレーロ(2015年12月4日に播種)が7本育っていますが、成長が遅くチビの1本を除いて6本(樹高1m前後)に着蕾しました。播種後1年弱で数本が2段着蕾していますので、成木になれば3段以上の着蕾が期待できそうです。問題は耐寒性です。池田さんのコメントに、小木、大輪のポンポン花、葉裏緑とあります。
 わずか7本の中に、葉性が明らかに異なるものが3種類出てきました。3枚目の写真の「その1」(1本:1.2m)、「その2」(1本:50cm)、「その3」(5本:0.4~1.3m)で、3種類とも着蕾しています。 
 


  以下の3枚の写真で Nossa Senhora da Luz の親木の半年おきの姿が確認できます。  
 (2016年9月21日池田さん撮影) 
 南側から(2016年3月撮影):google earth


   北側から(2015年11月撮影):google earth
  Nossa Senhora da Luz とは「光の聖母」(下の写真、Wikidediaより引用)という意味で、クリチーバ市の通りの名前になっています。素晴らしい名前の場所出身のイペーですので、なんとかモノにしたいです。



-







0 件のコメント: