2015年4月17日金曜日

アマミセイシカの生育状況

  2012年1月10日に播種したアマミセイシカが成長しています。当初2,000本あった苗がポットへの移植時に1,100本位になり、現在約350本になりました。枯れ死したり、ダメなものを廃棄しています。1週間前に初めて7本を地植えしました。親木の花色はピンクです。アマミセイシカの花色は多様で、白色からピンクの強いものまであります。アマミセイシカは絶滅危惧種でセイシカ同様、幻の花といわれています。
    鹿児島県希少野生動植物の保護に関する条例(平成15年3月25日制定)で、2004年4月23日に鹿児島県指定希少野生動植物に指定されました。これに指定されると県内全域で捕獲、採取、殺傷損傷が禁止されます(県公報より)。
   環境省レッドデータブックより抜粋:
     目録No:3374 上位分類群:合弁花類 科名:ツツジ 和名:アマミセイシカ 
    学名:Rhododendron amamience  指定都道府県数:1 環境省絶滅危惧ⅠA類 
   
  写真はすべてクリックで2段階拡大します。
現在15トレー、約350本が育っています。
DSC03797-1
代表選手:樹高約30cm
DSC03802-1
1週間前に7本庭に移植した。
DSC03804-1


親木の開花の様子:ピンク
DSC01346




同上
DSC01349

播種の様子:

1回目の移植の様子:
    
新聞情報その他:
  その1・南日本新聞 2000年4月
  新聞を見て日吉の池ノ上さんを即刻訪問して花を拝見し、いろいろお話を伺った。数年前に再訪したがお亡くなりになったとのことで、このお屋敷は無人となっていた。花色はピンクであった。
  薩摩川内市の馬場さんにも数年前に電話で様子をお伺いしたが、枯れたと言っておられた。
アマミセイシカ新聞-2
  その2・南日本新聞 2015年4月6日
アマミセイシカ新聞-1
  その3:インターネット情報
   玉里団地の市来様宅の情報があったので、数年前に電話して様子をうかがったところ、直径30cmくらいまで成長したが、枯れてしまったとのことであった。これは花色のピンクが濃い。
    http://washimo-web.jp/Trip/Seishika/seishika.htm




















-

0 件のコメント: