2010年12月3日金曜日

パウ・ブラジルとイペーが発芽開始

 パウ・ブラジルの発芽状況















 イペー・ミリン改めイペー・Xの発芽状況















 同上の拡大
















 パラナ松の生育状況
















 パラナ松(手前)パウ・ブラジル(奥)の畝全体
















 ネットとビニールで保温
イペー・Xのトレーはこのトンネルの中にある。
















 ジャカランダ・カハマルカ



















 イペーアマレーロ(手前)とイペーロッショ(奥の背が低いもの)
 それぞれ、1年弱で約2.5mと1.5mに成長した(昨年12月14日に播種)。
その向こうにジャカランダ・カハマルカがある。
















 上の畝の保温状況
 左の三つの白いカバーは、移植したイペーを保温したもの。
















 タマリンドとオオゴチョーの保温状況
左は近藤イペーアマレーロ、1.5年で約3mに成長。
















  畑全体と桜島(クリックで写真拡大可)
 風向きによって、桜島の噴煙の火山灰が降る。
 10年以内の大爆発を予想する人もいる。

0 件のコメント: