2016年8月24日水曜日

日本の酒飲み県ランキング

 テレビで見たので詳細を調べましたが、間違いなく鹿児島県が断トツです。ほんの少し、私にも身に覚えがあります。
   鹿児島県と宮崎県はイモ焼酎、新潟、秋田、青森県など東北地方は日本酒の産地でその地域の消費に直結しているのでしょうか。近くの店で購入して遠方の親戚や知人に送ったものも、統計上はそのご本人が飲んだことになると思います。
 説明で出てくる「偏差値」とは、平均値(50とする)から「0」から「100」までの範囲で、どの程度離れているかを知るための目安の数字です。
              データ引用:http://todo-ran.com/t/kiji/14569
   国税庁の2013年の統計情報からアルコール消費量ランキングを調べた。同統計の各種アルコール消費量にアルコール濃度をかけ、アルコール消費量(エタノール消費量)を比較した。これはアルコール換算ベースと言われ、アルコール統計でよく使われている方法だ。ランキングの元となるアルコール濃度は、複数のサイトを参考に以下のようにしている。
   ビール5% 日本酒15% 焼酎25% ワイン12% ウイスキー・ブランデー43% リキュール5% その他5% 








  

0 件のコメント: