資格・特技

造園施工管理技士、土木施工管理技士
公害防止管理者:大気1種、水質1種、騒音、振動
日本ツツジ・シャクナゲ協会会員
日本火山学会会員、日本品質管理学会元会員
和漢医薬学会元会員
ボイラー技士、高圧ガス乙種機械、危険物乙四類
調理師免許
カラオケもやっています: https://youtu.be/aThLG8BtgWc


アクセス:Since Jul/09

累計 今日 昨日 カウンター

山岳関連のホームページも是非ご訪問ください!(下記をクリック)

2017年11月15日水曜日

ツルニンジンの播種と育て方

  栃木県益子町からツルニンジンの種子を50g、1,600円で購入しました(オークション)。今日到着したので早速明日播種します。
     ツルニンジン Codonopsis lanceolata( Sieb. et Zucc.) Trautv.は、鹿児島県の植物準絶滅危惧(784種)(平成27年度改訂)に指定されています(http://www.pref.kagoshima.jp/ad04/kurashi-kankyo/kankyo/yasei/reddata/plant-list3.html  の上から2/3くらいの列に標記)。ということは、鹿児島県でも旧来ツルニンジンが自然に育っていたということです。 せい一杯増殖に努めます。
 種子には羽根がついている。
   3日前に到着した広島市中千田町からのツルニンジンの種子 0.5cc、2,000円です。早速湿分を与えましたが、余計なことだったかもしれません。明日播種します。627粒。


追記:
  11月17日、2種類の種子すべてを播種しました。合計約20,000粒です。発芽率は良いとのことです。トレー7個になりました。写真はその一部です。

  ツルニンジンに関する資料です:
    https://ameblo.jp/naganoukiyoe/entry-12011893081.html  より転載
 

          平成27年4月8日撮影
  
平成27年4月8日
 繁殖は秋に種子を採り、3月頃に播くようである。私の場合、
種子の仕入れが少し遅かったので5月に播いた。それでも蕾を
つけ花が咲いた株もあった。それよりかなり遅く6月に播いたも
のもある。
 その後、枯れてからモミ殻を少し厚くして寒さから守ろうと考
えた。3月頃にはモミ殻の中を探ってみたら、この寒い地方な
のに早くも芽が出ていて驚いた。
 1年後は楊枝ぐらいの大きさになると聞いていたが、掘り出
してみて驚いた。根の長さが7cmぐらいで、かなり太いものあ
った。(鉛筆ぐらいの太さ)さすがに遅くまいたものの方は針の
ようなものがほとんどである。
もう少し畑の準備をしてから定植しようと思う。
栽培の仕方次第では5,6年も待たないで2,3年でかなり大き
な根に育ちそうであり、開花し種子もたくさん取れそうである。
昨年仕入れた種子も少し早いと思ったが播き終えた。

以下 http://www.numata.aomori.aomori.jp/kouzan2/tsuruninjin.html より引用
  キキョウ科ツルニンジン属 Campanulaceae Codonopsis Wallich
  ツルニンジン Codonopsis lanceolata (Sieb. et Zucc.) Trautv.


ツルニンジン(八甲田山)

【実生】
  • タネ播き日:2007/10/31
  • 播き床:基本混合用土
  • 発芽確認日:2008/03/22
  • 撮影日:2008/05/21

    [メモ]
    タネ播き当年中の発芽なく、年をあけて発芽した。発芽後1か月の状態を示した。














  • 【植え替え】
  • 植え替え日:2008/05/25
  • 植え替え用土:基本混合用土
  • 植え替え日:2009/05/16
  • 植え替え用土:基本用土4、腐葉土1
  • 撮影日:2009/05/27

    [メモ]
    8月5日、ナメクジの被害にあった。全滅したかと思ったが、8月31日鉢内を確認したところ根茎は残っていた。 2009年に入って再び生育を開始したので植え替えた。














  • 【開花】
  • 植え替え日:2009/06/30
  • 植え替え用土:基本用土3、腐葉土1、ピートモス1、マグアンプK
  • 撮影日:2009/08/17

    [メモ]
    ツルが伸びてきたので、3株を1つの鉢に植え替えた(今年2回目の植え替え)。 パワフル支柱6号(3本立て。市売品)にからまなかったので、細い支柱を併用しからませた。虫除けにオルトランを使用。















  • [まとめ]
    1. ツルニンジンの実生は容易。ナメクジやヨトウムシの食害に注意する。
    2. 種子は取り寄せた。播き床は用土で実験。タネ播当年中の発芽はなかった。植え替えを繰り返し満2年で開花した。
    3. ツルニンジンは成長が早い。実生2年目では低い支柱でも良かったが、3年以降は支柱をより高くしなければならい。

    ツルニンジンを大量に購入した栃木県の相手の方とのやりとりをメモします。
    akirax1x2
    11月27日 01時06分
    プログにのせても差支えが有りませんが、種別が違うと言うと語弊がります。実生が繰りかえされて行く中で異変したものがあると言うことだと思うのです。つまり染色体の数が違うツルニンジンだと思うのです。良く倍数体が違うとか言う種別です。異変により染色体の数が多かったり少なかったりする異変です。組織培養では培養変異で花がでかかったり球根がでかかったりする変異です。私から購入された種の中には倍数体の違う種が入っていると思います。自生している地域にも依ると思いますが当方の地方には結構あると考えています。種の房が大きいといということからも染色体が多いという裏付けだと思います。培養変異と言う現象が実生で生じてたのが原因かと思います。例えば実生から斑入りの蔓人参が出ると同じ現象です。
    当方では組織培養をやっていますので上記のような考えに至ります。証明はありません。
     南国の植物ですので難しい面があるかもしれませんね。是非、目標を達成して下さい。
       akirax1x2

    hisa1412000
    11月27日 00時00分
    akirax1x2様
    前田です

     akirax1x2様からのツルニンジンの種子を10トレーに播種致しました。
    あとが大変かと思いますが、よろしくご指導ください。
    つきましては飯野様の下記コメントを私のブログに転載させて頂いてよろしいですか。
    勿論、お名前などは出しません。
    私の記録として残したいのです。

     hisa1412000
    11月27日 00時00分
    akirax1x2様
    前田です
    大変貴重な情報を有難うございます。
    私はかなり畑違いですが、イペーという南米の花木を日本全国に通用する
    品種を開発しようとして頑張っています。
    植物の交配までできます。
    イペーにも品種が100種類くらいあります。南国産ですから、当然耐寒性が極めて弱いです。
    これらの中から、選抜、交配をして日本全国への展開をトライしています。
    今回は逆に寒地の植物を南国で育ててみたいです。
    飯野様からのツルニンジンの種子を10トレーに播種致しました。
    あとが大変かと思いますが、よろしくご指導ください。
    つきましては飯野様の下記コメントを私のブログに転載させて頂いてよろしいですか。
    勿論、お名前などは出しません。
    私の記録として残したいのです。
    akirax1x2
    11月26日 23時42分
    他のツルニンジンの実生人参から異様に大きく成長した人参だけを選別してその人参から栽培をはじめ増やして行けば同でしょうか?結果などを教えて下さい。
        akirax1x2
    akirax1x2
    11月26日 23時39分
    何時も有我等ございます。

    畠では有りません。私が種を蒔き始めたのが2年前です。ツルニンジンは山に結構自生をしていて掘る人は30キロ~50キロくらい掘る人がいます。

    こちらでは実生でツルニンジを育てる人がいません。あまり関心が無い人が多くツルニンジンを採る人も少なく、特定の者だけが採っているという感じです。採っている者は種を採取して、何時でも掘れるように篠を挿しています。注文があれば何時でも掘って来るようです。

    畠で作っても300gになるにはたぶん5年~10年かかるのでは?


    私は2年前にツルニンジンを種を蒔きました。1年目で生長を見るのに人参を掘ってみました。楊枝の棒を少し太くした大きさが1年目の平均の大きさでした。ですが何本かはその2倍から3倍に生長している人参がありました。憶測ですがツルニンジンの種別が分かれていると思います。種の房が大きくなるツルニンジンと通常房の大きさのツルニンジンは細かく言うと種別が違うと思います。種の房でしか区別が付かないと思います。種の房が大きくなるツルニンジンは通常のツルニンジンより生長が早く大きくなるのではと考えています。前田さんのプログに2キロのツルニンジンが写っていましたがあれはだぶん房の大きいツルニンジンの種別です。房の小さいツルニンジンはいくら頑張ってもあそこまでは大きくなれないと思います。実生をしてみて人参を掘ると必ず疑問を持つと思います。種を分けて蒔いてみれば証明は簡単ですが必要性が無いのでやっていません。たぶん大きくなるタイプと小さいタイプと分かれると思います。大きなタイプを選別して実生をすると大きな人参が出来るのではと思います。
        akirax1x2

    0 件のコメント: